パイを焼き散らかす

こんにちは!またも私の番がやってきましたとさ。
もう3月ですって。2022年も4分の1経過したってことですが、おかしい!時間の進み方がおかしい!早すぎる!とブログに関係ないことをつぶやきつつ
唐突にカミングアウトしますけど、

私パイが死ぬほど好きなんです。

はい、どうでもいい情報ですね。どうでもいいかもしれませんがパイの話に付き合ってもらいますからね、今回のお題ですから。※無駄に喧嘩腰
パイ皮というのは基本小麦粉とバターで出来ているので美味しいに決まってはいるのですが、パイの良いところって中に入れたものの影響をあまり受けず皮がヘタらずサクサクをキープ。
お行儀は悪いけど形状によっては片手で齧りつくことも可能なくらい頑丈です。

 

そして何を入れてもそこそこ美味しい、具材を選ばない包容力。
頑丈で包容力がある…まるで理想の男性像ですね。そのうえ美味しいと。好きに決まってんだろっと。

 

物凄い勢いで話が脱線してますが、とにかくパイが好きで好きで。
ただパイって作るの大変ですよね~。以前、魔がさして生地から作ってみたものの、2度と作りたくないと思うくらい面倒でした。

折って伸ばして折って伸ばしてを永遠に繰り返して腕が使い物にならなくなりました。
冷凍パイシートも便利ですが、型に合せて切って(ま~た、だいたい合わない)伸ばして貼り付けてと、結構な大仕事。

 

もちろん焼いて食べれば苦労も報われるってものではありますが、美味しいんだからちょくちょく食べたい。
で、ちょくちょく食べるには簡単じゃないと…って事でハイ、今回のギアはこの子です。

 

超、超簡単にパイが作れるギア

欧米と違ってあんまりパイ文化が根付いているとは言えない日本。割と?なイメージを持たれていたこの商品ですが、
白状しよう、私が欲しかったんだよ!

 

そんなわけで私の野望と欲求が詰まりに詰まったこの商品、ありがたいことにまぁまぁ好評いただいておりますが、それもこれも某ファストフードチェーンが冬になると出すあのパイのおかげと思っています割と本気で(笑)

 

じゃ、タイトル通り焼き散らかしていきます。

用意するもの

・冷凍パイシート
・打ち粉用の小麦粉少々
・詰めたいものなんでも

 

下準備

わざわざ見出しにするほどの下準備って無いのですが、大量に焼くorしょっちゅう焼く場合、型を作り置いておくと良いと思います。
市販のパイシート四角いうえに分厚いのでほどほどの厚さに伸ばします。冷凍庫から出したては当然カチカチなので、めん棒で伸ばせるくらいまで解凍しましょう。

気温にもよりますが、10分~20分もすれば扱いやすい固さになるかと。

 


こんな感じで伸ばします。その際に打ち粉しておくと生地が張り付かないので楽です。

 


型抜きします。

ここで出て来る黒くて丸い物。武器などではありません。この子はペストリーカッターというとっても便利な子です。
大きい丸はパイの器、反対側の小さい丸は蓋部分にシンデレラフィットするようになっています。

 

パイメーカー無しでパイを焼くときに一番心が折れるのが型に生地を敷くときです。目視でぴったり切れるわけもなく、型の厚みを頭に入れつつ大きめに切ってかつ、縁のはみ出た部分をカット(または継ぎ足し)という非常に面倒な作業を、このカッターちゃんは無しにしてくれます!

思う存分型抜いてください。
切れ端は集めて丸めてまた伸ばせば利用できますので捨てないでね~

 

今回私は大量に焼きますので使い切ってしまいますが、一気にカットしておけば次回作るときに楽ですよ~。
生地と生地の間にクッキングシートを敷いてラップして冷凍しておくと本当に便利です。

私も今回大量に焼くとはいえ焼いている間生地を室温に置いておくとどんどん柔らかくなり、扱いにくくなってしまうので、控え選手(生地)はこのように冷凍庫で待っててもらってました。

 

さぁ、後は焼くのみです!余熱が終わったら、シンデレラフィットの器生地をセットして具を入れ蓋をします。
伸ばすほどにも使えない生地の切れ端で遊ぶも良し。

 

余熱の加減や焼き色の好みにもよりますが20分~25分で出来上がります。その後さらに焼く場合は、既に鉄板があったまっている状態なのでもう少し時短できますね。

汁気が多いパイはスプーンで蓋に穴をあけて崩しながら食べるのが良いですが、火傷に気を付けつつ肉まんのごとくかじりつくのもオツです。

焼き散らかした結果

ここはつべこべ言いませんのでひたすら美味しそうなパイを眺めてください

カレーパイ
クリームシチューパイ
なんだかわからないかもですが、アップルカスタードパイ
これまたわかりにくいマロンカスタードパイ

写真を撮る技術が無いのがまるわかりですね、気にしてないけどっっ(居直り)

今回も社内で焼きましたので所属フロアの社員に食べてもらいました。
事前にパイ食べる?選べないけどねっていう謎のツンデレで募ったところみんな無表情に食べると言いましたよええ。
何故選べないなどと言ったかというと当初のコンセプトは闇パイだった(笑)

一部にいたずらしたろ!と思ってましたが、いたずらが過ぎて誰も口をきいてくれなくなると困るので日和ました(笑)
闇パイならぬYummyパイです(ヤダ私上手いこと言ってる‥‥!!)
よって選べないというのはただの嫌がらせみたいな感じになりました(笑)ま、いいけど。

 

今回ご紹介のパイメーカーはご好評いただいたおかげで完売しており、現在予約受付中となっております。
これから季節的にあたたかくはなりますが、カレーが残るのは1年中です(笑)カレーパン代わりに是非1年中食べてください。
私は季節問わず1年中食べまっせ。

 

そんなこんなで気になった方は是非に↓↓↓をチェックしてみてください!ではまた近々!!

★予約商品★レトルトや残り物がごちそうになる「自家製おかずパイメーカー」 ※22年4月上中旬頃お届予定

購入はコチラ

そして今回もまた自分の映り込みが少ないと感じ、誰にも頼まれてはいませんが最後におまけの癒し映像です。
さぁ!癒されてください❤