【工事不要】タンク式食洗機の給水問題を自作DIYで解決!

こんにちわ。アラサーのぶっちーです。

最近は水道工事をしなくても使用できる食洗機があるのはご存じですよね?

「食洗機 工事不要」
「食洗機 タンク式」
「食洗機  賃貸」

と検索すると、数十種類の「タンク式食洗機」と呼ばれる
比較的、お手頃な価格の食洗機が出てきます。

 

食洗機を使えば、
冷たい水に耐えながら皿洗いすることもなくなりますし、
放置してしまった汚れてる食器に罪悪感を抱くこともなくなりますし、
食器洗いに追われるストレスもなくなりますし、

\メリットしかない!/

 

なんですが

 

このタンク式の食洗機、
水道工事をしない分、カップを使って、
給水タンクに自分で水を入れなきゃいけないんです。

正直言って…

 

めんどくさい。

給水問題を解決するためにDIYに挑戦

やはりタンク式食洗機の給水がめんどくさい。

 

ということで給水問題を解決すべくネットで情報集めて、マネして、試行錯誤した結果…

2種類のツールを作りました。(I LOVE ダイソー)

 

実際に食洗機「ラクアmini」を使って給水を試して見ようと思います!

①ホースを使って給水

【使用したもの】
・フリフリシャワー(ダイソーで購入)
・ビニールテープ(ダイソーで購入)
・ホース(amazonで購入)
→ホースは内径が15mmのものを購入

テープ・ホースは、あえて目立つ色を購入。
シンク周りのコーナーで発見しました。

このフリフリシャワー、本来は蛇口に付けるだけで水の出方を変えることが出来る後付けのシャワーヘッドだそうです。
(こんなモノがあったのは初知りでした。)

もったいないですが今回は下部分は使わないので切ります。

(なるべく長めに切った方がいいかも)

 

ぱかっ!

これをホースにつなぎます。

しっかり差し込む

ねじったりしながら、出来るだけ深くまで差し込みます。
しっかり差し込んだらつなぎ目をテープでしっかり巻きます。

わかりやすく黄色テープで。

この写真では二周しか巻いてなかったんですが、
引っ張っても取れないぐらいしっかり何周も巻いた方がいいです

 

完成!!

完成したので実際にシンクの水道に取り付けてみます。

「奥」まで「垂直」にしっかり挿す。

水道の噴水口から垂直にしっかり挿してください。
左図のように斜めになってしまうと、給水中に外れて、キッチン周りが水浸しになります。(←※要注意)

これで2メートルです。

ホースの長さは、給水口に合わせて切ればOKですが、ゆとりをもって切ることをおすすめします。

1メートル20センチぐらいで切りました。完成!
給水口に合うように

 

 

問題なく給水できています。
給水が完了したら音声がなるので、水道を止めてください。

とてもラクに給水が終わりました!

これなら水の入った重い容器を持ち上げなくていいので
力のない方でも簡単に給水ができますね!

 

【良かった点】
水が飛び散らない(跳ねない)
重いもの(水)を持ち上げる必要がなくなる
身長が高くない方でも給水がラクに出来る。

【悪かった点】
水の勢いでホースが外れないかちょっと心配。
・ホースを持っていなくてはいけない。(←これはアイディア次第で解決できそう。)

※動画サイト等では、給水タンクに直接ホースを入れて給水されている方がいますが、公式はそのような使い方は推奨しておりません。自己責任でお願いします。

②ウォータージャグ(ダイソー)を使って給水

【使用したもの】
・ウォータージャグ3.5L (ダイソーで購入)

ラクアminiの使用水量は3.2リットル。
ダイソーで400円で買ったウォータージャグの容量は、3.5リットル。

まさにラクアmini用と言っても過言ではない。

 

ちょっと少な目ぐらいに水を入れて~
給水口に合わせてセット。

1分半ぐらいで給水完了!

こちらも問題なく給水できています。
給水が完了したら音声がなります。

とてもラクに給水が終わりました!

ウォータージャグを使用した給水方法は、手間も時間も省けます。

【良かった点】
・水が飛び散らない(跳ねない)
・給水中に他の用事が出来る。

【悪かった点】
・水の入った重いウォータージャグを食洗機の上まで持ち上げなくてはいけない。
・使用水量に合わせたウォータージャグを探す必要あり

 

まとめ

実際、サンコーの「ラクア」にも高評価のレビューが続いてる中、
「給水がちょっと面倒だけど、それ以上にラクになったのでまあ良し!」という
”妥協して、まあOK”みたいなレビューがチラホラあり、

前々から気になってたんですよね。

これはどうにかしたい!

ってことで今回はDIYで挑戦してみました!
DIYは初心者でセンスもない私でも簡単に出来ました(^^)

100均なら失敗してもいっか!という気軽な気持ちで挑戦できるのも魅力ですね。

今回使った食洗機はこちら


購入はコチラ(22,800円)

タンク式食洗機を買うときのポイント

ここ約2年で競争が激しくなった、タンク式食洗機ですが、
どれも似ていて良く分からないという方へ。ちょっとアドバイス。

1、容量の確認
→メーカーによって●人用、●~▲人用、と表記がされてる場合が多いのですがこの「●人用」には明確な指標がないようです。

ですので、同等の個体サイズの製品で悩んだ場合は「”どんなお皿”が”何枚”入るか」「庫内ラックが1段式または2段式か」、確認してみて下さい。2段式の方がもちろん容量が入りますし、使わない時だけ「上段を外して使える」なんて場合もあるので少しでも多く入れたい方は2段式がおすすめです。

2、給水口の位置の確認
→食洗機の上部または、下部に位置しています。下部に位置しているとラクに出来る様に思われがちですが(とくに女性にとっては)、給水口が浅くなるので水跳ねが気になります。一方、上部に位置してあれば今回のようにアレンジをすれば水跳ねもせずにラクに給水出来るので上部に位置してる食洗機がおすすめです。

3、洗浄力の確認
洗浄力は正直、人によって感じ方も違うので口コミ等で見るといいのかなと思います。ランキング授賞していたり、雑誌等での紹介歴を確認してみてもいいと思います。

以上3点を含めて、

やっぱりおすすめなのが

サンコーの食洗機「ラクア」

そして、そのラクアと同様のスペックを搭載しコンパクトにした「ラクアmini」

よかったら商品ページに遊びに来てください。

合わせて読みたい

【実際に使ってみた】ラクアminiってどんな食洗機なの?【実機レビュー】