使わないシャツを子供用エプロンにリメイク!襟がよれたTシャツをリメイクしよう

使わないシャツを子供用エプロンにリメイク!襟がよれたTシャツをリメイクしよう
「使わなくなったシャツやTシャツを捨てたいけど、なんだか愛着があって捨てられない」

 

こんなことありますよね。売れなくなった洋服の大量廃棄も環境問題として話題になる現代にあって、シャツやTシャツをかんたんに捨てるのはとてももったいないです。

そこで今回は、下記の内容を解説しています。

・使わなくなったシャツを子供用エプロンにリメイクする方法
Tシャツのリメイク例
・襟がよれたTシャツの復活方法

そのシャツやTシャツはまだまだ使えるかもしれません。

シャツをエプロンにリメイクする手順を紹介!

使わなくなったシャツをエプロンにする手順を紹介していきます。

また、5歳児でも1人で着れるように被って着るエプロンを作っていくのでチェックしてみてください。

シャツは以下のようなものを使います。

以下のような手順でシャツを子供用のエプロンに仕上げていきます。

  1. シャツを裁断する
  2. 布の端を1cm程度折ってアイロンする
  3. ミシンで折った部分を縫って布端処理をする
  4. パーツを合体させていく

シャツをエプロンにするために用意するもの

【用意する道具】

  • シャツ
  • ミシン
  • アイロン
  • まち針
  • 物差し
  • ボタン(お好み)
  • ハサミ
  • チャコペン

今回は、狭いところに収納できて手軽に使える、「ちゃちゃっとミシン」を使ってエプロンを作っていきます。

子供用エプロンの各パーツに合わせてシャツを裁断していく

裁断してできた各パーツの大きさは以下を参考にしてください。

身長は105cm、5歳児のエプロンを作るのに必要な布

  • 本体 縦44cm 横70cm
  • 胸当て 縦24 横22
  • みかえし 縦5cm 横22cm
  • 首紐 幅6cm 長さ65cm

みかえしとは、胸当ての裏側につけるパーツのことです。

シャツの裾がカーブしているので、カーブをエプロンの裾に持ってきて可愛く仕上げていきます。

 

再利用の布ですので、「どこから切ろうかな」と深く考えずに「必要な分だけ布が取れればOK!」と軽い気持ちでじょきじょき切っていきましょう!

 

裁断すると画像のような感じに仕上がります。

じょきじょき切っていくだけですので、かんたんに各パーツを裁断できます。

裁断したエプロンの端を1cm折ってアイロン掛け

布の端を1cm折ってアイロンをかけていきます。

布の端が切りっぱなしでは、布から糸がでてしまうため布端にミシンをかける必要があります。

ミシンをかける前に、端を1cm折ってキレイに整えていきます。

画像のように専用のシートがあれば楽です。

専用のシートがなくても、チャコペンやまち針で印をつけ布を固定しながらアイロンをかければキレイにアイロン掛けができますよ。

 

ちゃちゃっとミシンで縫っていく

次にミシンで縫っていきます。

まずは、先ほどアイロン掛けした布端から縫っていきましょう。

ちゃちゃっとミシンは自動で布を送ってくれます。

布を張りながら縫うとキレイに縫えますよ。

スピード切り替え機能がないので、縫う前に何度か試し縫いをしておきましょう。

結構早いので、慌てて変なところを縫ってしまうかもしれません。

慣れたらこんなにキレイに縫えます。

コンパクトで収納に困らないから使いたいときにさっと使えて、キレイに縫えるのは嬉しいポイントですね。

布端が縫えたら、各パーツをまち針で仮止めしちゃちゃっとミシンで縫っていきます。

見返しは、胸当て上部につけていきます。

首紐もきちんと仮止めしておきましょう。

かわいいエプロンが完成

各パーツを縫い合わせたらついに完成です。

今回のエプロンは、ボタンをつけて首紐の長さを調整できるようにしています。

必要ない方は、長さを合わせて着ければ良いでしょう。

 

かんたんにできるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

シャツやTシャツのリメイクアイデア

着古したシャツやTシャツをリメイクしたいと思ったときに「何を作ろうかな」と悩むこともありますよね。

シャツやTシャツをリメイクするアイデアをいくつか紹介するので、参考にしてみてください。

Tシャツリメイクアイデア①コースター

シャツやTシャツのリメイクアイデアで欠かせないのがコースターです。

四角に切って縫い合わせるだけですので、かんたんにできます。

コルクのコースターに貼り付けるだけというアイデアもありますよ。

Tシャツリメイクアイデア②エコバッグ

Tシャツでエコバッグを作るのもおすすめです。

「エコバッグなんて難しそう」なんて方もいらっしゃるかもしれませんが、案外かんたんにできます。

  1. Tシャツの袖を切る
  2. 襟を切る
  3. Tシャツの裾を縫い合わせる

あまりこだわりがなければ上記の手順でエコバッグが作れます。

袖部分が持ち手、襟がエコバッグの開け口という感じですね。試しに挑戦してみてください。

Tシャツリメイクアイデア③クッションカバー

Tシャツの柄やプリントを活かしてクッションカバーにリメイクしてみるのもおすすめです。

Tシャツをクッションにしたい大きさに切って、端を縫っていくだけで完成します。

綿をつめる部分を残すのを忘れないようにしましょう。

 

かんたんにできるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

子どもの使わなくなったTシャツをクッションにしておくと、捨てがたい思い出のつまったTシャツを大切に使い続けられますよ。

Tシャツリメイクアイデア④ファブリックパネル

ファブリックパネルにして飾るのもおしゃれですね。
ファブリックパネルは、北欧インテリアには欠かせない木のパネルに布を貼り付けたおしゃれなアイテムです。

かんたんな作り方としては、100均でコルクボードを買ってきてTシャツを貼り付ける方法があります。

手順は以下の通りです。

  1. 100均のコルクボードを2枚ホッチキスで止める
  2. コルクボードの大きさに合わせてTシャツを裁断する
  3. ホッチキスでTシャツをコルクボードに止めていく

 

布をピンっと張った状態でコルクボードにホッチキスで貼り付けるのがポイントです。

 

手持ちのホッチキスの力が弱いと感じられる方は、「タッカー」と呼ばれる工事現場でも使われる大きいホッチキスを購入するとよりかんたんにボードや布を止められます。

お気に入りのTシャツのお気に入りの柄を、お部屋に飾りましょう。

まだ着れる!古くなったシャツや襟のよれたTシャツを着続けるテクニック

 

古くなったシャツをリメイクして使う方には、「このTシャツ愛着が沸いて手放せない」という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方のために、古くなったシャツやTシャツを着続けるテクニックを紹介します。

シャツの襟をとってバンドカラー風に仕立て直す

愛してやまないシャツの襟が汚れたり、破れたりしたら襟をとってバンドカラーシャツに仕立て直す方法があります。

シャツの本体と襟をリッパーと呼ばれる裁縫道具で切り離して、切り離した部分の端をミシンで縫い合わせれば出来上がりです。

もちろんちゃちゃっとミシンで縫い合わせることができますよ。

バンドカラーは、使いやすいアイテムですので1枚持っていると着回しの幅が広まります。

Tシャツは袖を切ってタンクトップに

使い古したTシャツは袖を切ってタンクトップにして使えます。

袖を切るだけですので、かんたんですよね、襟の汚れが気になる方は、Tシャツの襟部分もざっくり切ってしまうのも面白いですね。

汚れが気になる白シャツはコーヒー染めしてみても面白い

白シャツって、襟や袖に汚れが目立ってきて買い替えるサイクルの多いシャツですよね…

汚れが気になって捨てるのも勿体無いので、コーヒー染めをしてみるのも面白いですよ。
綿や麻の白シャツなら問題なくコーヒー染めできます。

シャツ以外にも布製のバッグやハンカチなんかも染められるのでぜひチャレンジしてみましょう!

 

手順は以下の通りです。

  1. バケツに水と牛乳を1:1入れ、浸透液を作る
  2. 染めたいシャツやTシャツをバケツに入れる
  3. ときどきかき混ぜながら1時間浸けて、浸透液を染み込ませる
  4. そのまま絞って、陰干しで乾燥させる
  5. インスタントコーヒーを1Lほど作る
  6. 染めたいシャツやTシャツを10分煮る
  7. 塩を入れて20分ほど煮る
  8. 水洗いして乾かす
  9. 完成

思ったより薄くなるので、濃ゆめに仕上げるのがうまく染めるポイントです。

Tシャツの襟のヨレは氷水につけて復活させる

Tシャツの襟のヨレは、氷水につけて復活させる方法があります。

手順は以下の通りです。

  1. ボウルに氷水を用意する
  2. Tシャツの両端から真ん中に向かって折っていく
  3. そのまま氷水に入れ30秒から1分ゆらす
  4. 襟をおにぎりを握るように押して水気を切っていく
  5. 乾燥させて完成

これで襟のヨレが直って、Tシャツを着続けられます。ぜひ、試してみてくださいね。

Tシャツの襟をヨレさせない方法とは

そもそもTシャツの襟をヨレさせなければ、氷水につけて直すなんてことしなくても良いですよね。

Tシャツをヨレさせないためには、洗濯のときに注意する必要があります。

  • 輪ゴムで襟を止める
  • 洗濯ネットを使う
  • ハンガーを使わずにほす

上記3つのポイントに気をつけて洗濯してTシャツを長持ちさせましょう。

まとめ

ちゃちゃっとミシンを使ってエプロンを作ってみました。

思ったよりかんたんに作れたので、いらないシャツやTシャツがあったらぜひチャレンジしてみたくださいね。

愛着のわいたシャツやTシャツは、なかなか手放すことのできない悩みの種になります。

今回紹介した、リメイク術やTシャツのよれを取る方法などをぜひ試してみてくださいね。

 

今回使用した商品はこちら!

 

ちゃちゃっとミシン

本棚にしまえてしっかり縫える「ちゃちゃっとミシン」

商品ページを見る ¥4,380

運営・執筆:サンコー株式会社
サンコー通販オンラインショップ